消費者金融とは何か

闇金時代消費者金融とは、主に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業です。同じく融資を行う業者として銀行がありますが、銀行より審査が簡単で融資のスピードが早いこと、銀行が休業している夜間や土日祝日でも利用が可能なこと、銀行のように利用に際して明確な目的を必要とせず、小口での利用が可能なことから需要も多いです。反面、昔は「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれ、特にバブルの時代についたイメージや、「闇金」と呼ばれる違法な業者の存在もあり、今でも利用することに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

消費者金融を利用するに当たって、過去問題になっていた部分は法律改正と消費者金融業者の自主努力でほぼ改善され、また2010年に完全施行された改正貸金業法によって、それまで曖昧だった金利も法律で定められた金利が適用されています。同時に、利用者側でもデメリットともなりうる融資枠が年収の3分の1に制限されることになりました。これを総量規制といいます。総量規制によって返済出来ないほどの借入が出来なくなり、同時に複数の金融機関からの借金にも制限が入るので、長期的に見ると融資(借金)で家計を回すことができなくなり、家計の健全化につながることでしょう。

消費者金融は正しく利用するなら、特に突発的にお金が必要になった時には便利なものですが、消費者金融からの借り入れでお困りの方もいらっしゃるかと思います。このサイトでは消費者金融の借り入れから派生する問題と解決方法を詳しくまとめています。興味のある方は是非御覧ください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket