消費者金融と自己破産

家総量規制の制限が入ることや、複数の消費者金融で融資を受けたことで借入金がかさんだ場合、「消費者金融で借りたお金を返せないなら自己破産したら良い」と安易に考えてお金を借りている方もいらっしゃいますが、この考えは甘いといえるでしょう。自己破産というと、借金を初めとする債務を完全に無くす方法と思われがちですが、正確には「20万円以上の価値がある資産と引き換えに、借金を帳消しにする方法」です。その際、車や貯金、家や土地といった財産も処分対象になり、ご家族がいる方にはデメリットが大きい方法となります。更に、自己破産をする際には弁護士や司法書士の力を頼ることが多いのですが、弁護士や司法書士に支払う費用が発生します。また、自己破産は1度だけ利用できる方法であり、何度も使えないものであること、ギャンブルや収入・負債額を偽って借り入れした時等、借金の理由によっては自己破産が出来ない場合もあります。勿論自己破産後5〜10年程度は融資は受けられません。

自己破産となると事が重大なこと、手続きが非常に面倒なものになるので出来れば利用したくないものです。多重債務に陥り、支払いに苦慮している方へ、自己破産以外で消費者金融側の救済措置の一つが「おまとめローン」です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket