消費者金融をまとめる

お財布おまとめローンとは、複数の消費者金融から借り入れた資金を銀行や一つの消費者金融から借りた資金で支払い、今度はそこに借りた資金を返済する仕組みのローンです。支払総額は大きくなりますが、今まで複数の会社に支払っていた金利と毎月の支払いが1本化されるために、逆に月々の負担が少なくなります。複数の会社に支払う金利が1つになるというメリットは勿論ですが、大抵は大きな金額を借りる程金利は少なくなります。そのため複利によって発生する金額も少なくなるため、支払総額も抑えられる傾向になります。おまとめローンは総量規制の対象外になるため、年収の3分の1以上の借り入れも可能です。

おまとめローンのデメリットというより当然なことではありますが、おまとめローンを利用すると、新規の借り入れが難しくなります。借り入れをするなら、おまとめローンのお支払いを全て支払ってからの方が無難です。例えば、即日キャッシングをおこなっている“NOLOAN”でも、おまとめローンを行っています。一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

自己破産の場合は長期間消費者金融に限らずお金の借り入れが出来なくなりますが、おまとめローンでのお支払いであれば審査結果にも左右されますが、その後のお金の借り入れも可能です。借りたお金をしっかり返済して、その後の人生も有意義に過ごして欲しいものです。

消費者金融と自己破産

家総量規制の制限が入ることや、複数の消費者金融で融資を受けたことで借入金がかさんだ場合、「消費者金融で借りたお金を返せないなら自己破産したら良い」と安易に考えてお金を借りている方もいらっしゃいますが、この考えは甘いといえるでしょう。自己破産というと、借金を初めとする債務を完全に無くす方法と思われがちですが、正確には「20万円以上の価値がある資産と引き換えに、借金を帳消しにする方法」です。その際、車や貯金、家や土地といった財産も処分対象になり、ご家族がいる方にはデメリットが大きい方法となります。更に、自己破産をする際には弁護士や司法書士の力を頼ることが多いのですが、弁護士や司法書士に支払う費用が発生します。また、自己破産は1度だけ利用できる方法であり、何度も使えないものであること、ギャンブルや収入・負債額を偽って借り入れした時等、借金の理由によっては自己破産が出来ない場合もあります。勿論自己破産後5〜10年程度は融資は受けられません。

自己破産となると事が重大なこと、手続きが非常に面倒なものになるので出来れば利用したくないものです。多重債務に陥り、支払いに苦慮している方へ、自己破産以外で消費者金融側の救済措置の一つが「おまとめローン」です。

消費者金融の怖いもの

消費者金融の利用そのものは怖いものではありません。何が怖いかといいますと「複利」と「多重債務」になります。

お金複利とは、銀行や消費者金融からお金を借りると、金利が発生します。金利はお金を貸す手数料と考えていただくとわかりやすいかと思います。融資期間が長くなると「借りた金額(元本)+金利」に金利がつくことになります。これが複利と呼ばれるものです。少額の借り入れならそれほど気にはならないのですが、多額の借り入れが長期間続く場合は元本よりも、複利のついた金利の方が高くなるという場合すらあります。借りたお金を返すためのお金ならともかく、金利についた金利のためにお金を支払うのは勿体無いです。

多重債務とは、複数の金融機関に融資を受けている状態の方を指します。1つの消費者金融に毎月借入金を1万円返済するなら大した金額ではないと感じますが、4つの借り入れ先に毎月1万円を返済するとなると合計で4万円になります。借り入れ先が多くなればなるほど毎月の返済額も増えるため、借入金が返済できなくなる可能性が出てきます。多重債務と絡んで複利の問題も入るため、消費者金融でお金を借りる場合は多重債務にならないようにする必要があります。

消費者金融とは何か

闇金時代消費者金融とは、主に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業です。同じく融資を行う業者として銀行がありますが、銀行より審査が簡単で融資のスピードが早いこと、銀行が休業している夜間や土日祝日でも利用が可能なこと、銀行のように利用に際して明確な目的を必要とせず、小口での利用が可能なことから需要も多いです。反面、昔は「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれ、特にバブルの時代についたイメージや、「闇金」と呼ばれる違法な業者の存在もあり、今でも利用することに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

消費者金融を利用するに当たって、過去問題になっていた部分は法律改正と消費者金融業者の自主努力でほぼ改善され、また2010年に完全施行された改正貸金業法によって、それまで曖昧だった金利も法律で定められた金利が適用されています。同時に、利用者側でもデメリットともなりうる融資枠が年収の3分の1に制限されることになりました。これを総量規制といいます。総量規制によって返済出来ないほどの借入が出来なくなり、同時に複数の金融機関からの借金にも制限が入るので、長期的に見ると融資(借金)で家計を回すことができなくなり、家計の健全化につながることでしょう。

消費者金融は正しく利用するなら、特に突発的にお金が必要になった時には便利なものですが、消費者金融からの借り入れでお困りの方もいらっしゃるかと思います。このサイトでは消費者金融の借り入れから派生する問題と解決方法を詳しくまとめています。興味のある方は是非御覧ください。